野口医院
2016-6-1

待合室のレコードギャラリー(エロル・ガーナー )




 今月はジャズピアニストで作曲家のエロル・ガーナー 。ヒット曲「ミスティ」のメロディは、彼が飛行機で移動中に頭の中に浮かんだものです。この曲は多くの歌手によってカバーされていますね。


 彼は、ピアノの演奏法を独学で習得し「ビハインド・ザ・ビート」と呼ばれる独特のリズム感によってトリッキーなサウンドを生み出しました。これは楽譜が読めなかったことや左利きだったことが彼の音楽的感性と技術を育てていくことになったのでしょうか?
 ともかく彼の自由で表現力豊かな演奏は、後世のジャズピアニストにも影響を与えていると思います。
イメージ

イメージ




ご連絡先